ブログ

梅の効果が凄すぎる!!

1週間だけの発酵リビングフードカフェ「HAKKOHLICIOUS」が、おかげさまで、毎日ほぼ満席で、述べ250名以上のお客様にお越しいただき、大盛況のうちに終了しました。

ご来店頂きました皆様、そして、貴重な時間とお知恵を頂いて、このプロジェクトを大成功の導いてくれた、ATTiVA発酵リビングフードインストラクターの皆様!!感謝の想いでいっぱいです。ありがとうございます。

ヘルシーなのに、全部美味しい。また、ぜひやって欲しい。常設しないの?など、ありがたいお言葉もたくさんいただき、感無量です。

普段、食べる機会がほとんど無かった「発酵リビングフード」。

だからこそ、こうして食べていただく機会の大切さを、改めて感じさせていだきました。

また、こうした素敵なイベントを開催していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、カフェも終わり、東京は梅雨に入り、ジメジメしてきていますが、この時期、気温や湿度などが変わりますので、体調を崩しやすい季節です。

しかし、自然とはなんと不思議なのでしょう。

今のこの梅雨に入る時期になると、青い綺麗な実をつけてくれるのが「梅」です。

例年、温暖化のせいで、実りが早くなっているので、すでに、梅ジュースや梅干しなどを仕込んでいらっしゃる方も多いかと思います。

私は、大阪の出張があったので、今週末に仕込む予定です。

さて、「梅」といえば、「三毒を絶つ」と言われています。

三毒とは、食べ物の毒、血の毒、水の毒です。

ジメジメしたこの時期に、起こりやすいものですね。

だからこそ、昔から、広く一般庶民の家庭の常備薬として、梅の活用されています。

赤痢に梅干しが大活躍!

歴史的に、明治17年、26年に日本各地で発生した「赤痢」に、梅干が非常に効力を発揮したのがきっかけとなって、日清戦争・日露戦争では、食薬品をかねた副食物として大活躍をし、日露戦争では、陸軍の軍事食として、日の丸弁当が正式に採用されたそうです。

ここから、日の丸弁当として、ご飯の真ん中に梅干しが置かれるようになったのですね。すごいですね。

梅のすごい効果!!

(1)クエン酸がいっぱい!

梅の約50%がクエン酸、リンゴ酸は約20%前後で、温州みかんと比べて、クエン酸は約4倍、リンゴ酸は11倍から21倍!だから、疲労回復にもってこいなんですね!

(2)肥満防止!

「疲れる」という人は、クエン酸のサイクルが不調をきたして、食べたものを70%もエネルギーに変える力が弱く、疲労素を蓄積させた上に、エネルギーに変えられなかった過剰な糖質を脂肪細胞に変えるため、太ってきます。クエン酸サイクルを整える梅で肥満を防止していきましょう!

(3)血液の酸性化を防ぐ!

健康な人の血液は、PH7.3位の弱アルカリ性に保たれています。たとえば「疲れたなぁ」と感じたときは、血液が酸性になっているのです。梅は最高のアルカリ性食品です。酸性食品から生じた酸化物を減らし、血液をアルカリ性に保ってくれます。

(4)殺菌力がすごい!

梅干しを食べると食あたりになりにくいと昔から言われています。梅干しには食中毒の原因である「黄色ブドウ球菌(MRSA)」や「病原性大腸菌(O-157)」を抑制する制菌作用があり、食中毒を予防してくれます。お弁当に梅干しを入れておくとご飯が傷みにくいのは、梅干しが殺菌力にとても優れているからです。

(5)下痢と便秘に!

梅干に含まれているカテギン酸が、腸のぜん動運動を促進させて、整腸作用に力を発揮します。つまり、腸内の炎症を鎮め、ただれている腸壁の組織を引き締め、下痢を止めるのです。下痢と便秘は一見正反対の症状のように見えるが、いずれも腸が、スムーズに働いていないから起こるのであって、腸のぜん動が活発になれば、どちらも改善します。

こんなに素晴らしい効果が期待できる『梅』を積極的に摂っていきたいですね。

梅干しや梅酒、そして、オススメなのが、梅の発酵ジュース

梅の発酵ジュースを作って、毎朝、少しずつ飲み続けることで、梅の効果と発酵の力で、腸内環境が整い、より健康的なカラダを手に入れることができます。

この「梅の発酵ジュース」を作る、教室が、6月11日(月)と12日(火)に開催致します。

使う梅も、スーパーで売っているものではなく、特別な無農薬で作られた特別な梅を使います。

しかし、今年は、収穫量が少ないため、少人数の開催となります。あと、残り2席となっておりますので、お早めにお席を確保して下さい。

手づくり酵素ジュース教室

<6月希少な紀州みなべの自然栽培!>
梅の数が少ないため、残席2名OK!
6月11日(月)10:30〜
6月12日(火)19:00〜

終了後には、「プラス1,000円で、お得な酵素ごはん会」をお楽しみ頂けます。

お申し込みは、こちらから↓

 

関連記事

近日公開講座・イベント

7月
9
2018
10:30 AM 手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 9 @ 10:30 AM – 1:00 PM
手づくり発酵ジュース教室【桃とブルーベリー7/9・7/16】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー | 渋谷区 | 東京都 | 日本
桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース 今月は、今が旬のダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く!桃とブルーベリーの発酵ジュース1ヶ月分=約1リットルを一緒に仕込みます!!美を意識するセレブ・モデル・女優さんたちや、女性雑誌なども注目している発酵ジュースの作り方を学ぶことができます。 手づくり発酵ジュースは、そのまま水に薄めて飲んでもよし!ローフード料理の調味料として使ってもよし!甘みを砂糖から、発酵ジュースに変えることで、腸内環境を整え、健康的な体づくりに役立ちます。毎日の食事に取り入れるための基本を学ぶこともできます。 桃の特徴 桃の主成分は、ショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので、疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。桃のカリウム含有量は、果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できます。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 ブルーベリーの特徴 ブルーベリーの持つアントシアニンが、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーにも注目です。アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 血流改善は、人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。似たような抗酸化の物質として、ルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 開催概要 カリキュラム <理論編> 1時間 手づくり発酵ジュースとは? 常在菌のすごい働きついて 白砂糖を使っても大丈夫なの? 手づくり発酵ジュースの作り方 ご自宅での発酵~熟成~保存の仕方  <実践編> 1時間30分 手づくり発酵ジュースの仕込み 出来上がり約1リットル分の食材と砂糖込み 手づくり発酵ジュースについてあれこれ質問タイム 経験豊富なむっちゃん先生が酵素の秘密を伝授! 手づくり発酵ジュースに仕込む、美味しい果物の試食! むっちゃん先生の手づくり発酵ジュースや発酵フルーツの試飲・試食 飲むだけじゃない手づくり発酵ジュースの使い方 「桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース」受講証明書授与 開催日時 7/9(月)[...]
7月
16
2018
10:30 AM 手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 16 @ 10:30 AM – 1:00 PM
手づくり発酵ジュース教室【桃とブルーベリー7/9・7/16】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー | 渋谷区 | 東京都 | 日本
桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース 今月は、今が旬のダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く!桃とブルーベリーの発酵ジュース1ヶ月分=約1リットルを一緒に仕込みます!!美を意識するセレブ・モデル・女優さんたちや、女性雑誌なども注目している発酵ジュースの作り方を学ぶことができます。 手づくり発酵ジュースは、そのまま水に薄めて飲んでもよし!ローフード料理の調味料として使ってもよし!甘みを砂糖から、発酵ジュースに変えることで、腸内環境を整え、健康的な体づくりに役立ちます。毎日の食事に取り入れるための基本を学ぶこともできます。 桃の特徴 桃の主成分は、ショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので、疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。桃のカリウム含有量は、果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できます。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 ブルーベリーの特徴 ブルーベリーの持つアントシアニンが、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーにも注目です。アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 血流改善は、人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。似たような抗酸化の物質として、ルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 開催概要 カリキュラム <理論編> 1時間 手づくり発酵ジュースとは? 常在菌のすごい働きついて 白砂糖を使っても大丈夫なの? 手づくり発酵ジュースの作り方 ご自宅での発酵~熟成~保存の仕方  <実践編> 1時間30分 手づくり発酵ジュースの仕込み 出来上がり約1リットル分の食材と砂糖込み 手づくり発酵ジュースについてあれこれ質問タイム 経験豊富なむっちゃん先生が酵素の秘密を伝授! 手づくり発酵ジュースに仕込む、美味しい果物の試食! むっちゃん先生の手づくり発酵ジュースや発酵フルーツの試飲・試食 飲むだけじゃない手づくり発酵ジュースの使い方 「桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース」受講証明書授与 開催日時 7/9(月)[...]

最近の記事

ページ上部へ戻る
Translate »