脳が冴え渡る!オススメの朝食!
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

朝食は、1日の始まりで、とても大切なもの。

と良く言われていますが、脳が冴えわたる!お勧めの朝食とは一体、どんなものなのでしょうか?

そのお勧めの朝食とは・・・

ズバリ!

「食べないこと」です。

起きてすぐに浄水または、発酵ジュースで割った水だけを飲みます。

そうすると、自然の体内リズムがしっかり働いて、体の浄化システム「排泄」のスイッチがぐっと入るんです。

「捨てる」重要性

私たちの細胞は、

栄養となる食べ物を摂取して、

消化して、

そこからエネルギーを産み出し、

細胞を修復・再生させ、

老廃物を捨てる。

という一連の「代謝」を行って、生命を維持しています。

「食べる」という行為は、お腹が空くから当たり前にできるのですが、

「捨てる」という行為は、自分で意識しないと難しいものです。

それは、飽食の時代にあり、いつでも食べ物が手にはいる時代だからこそ、気をつけなければなりません。

その昔、冷蔵庫も、配送システムも、添加物で保存する化学もなかった時代には、「食べられない」時が当たり前のようにありました。

そして、以前、「朝はしっかり食べるのはウソ?ホント?」の記事でお伝えした通り、自然に備わる「体内リズム」では、朝4時~12時は「排泄の時間帯」になります。

ですから、朝の時間帯は、「食べない」方が、細胞内の老廃物を排泄してくれます

排泄がきちんと行われて初めて、栄養が行き渡り、細胞内の機能が高まります。

脳も同じです!!

脳が冴えわたるお勧めの朝食とは?

でも、いきなり「朝食をとらないスタイル」に移行するのは、お腹が空いて元気が出ない!ということになりかねません。

そこで、移行期としてお勧めなのが、「消化のスピードが速い朝食スタイル」を取ることです。

食べ物の中で、消化のスピードが一番速いのが、なんと言っても「フルーツ」です。

さらに、フルーツに葉野菜を混ぜて、ミキサーにかけた「スムージー」は、さらに消化のスピードが速く最適です!

さらに!さらに!もっと速いのは、フルーツや葉野菜を「低速回転ジューサー」で絞った「コールドプレスジュース」です。

ただ、これには低速回転のミキサーが必要です。

そこで、今日は、ご自宅にある普通のミキサーでも手軽に作れて栄養価も高く、朝食にぴったりのスムージーをご紹介したいと思います。

朝食に最適!スムージーの作り方

朝食に最適な、スムージーのレシピをご紹介します。

基本のABCになります。これをベースに色々とアレンジしてみて下さいね。

フルーツと葉野菜(グリーン)を切って、水と一緒にミキサーに入れて混ぜるだけで、栄養たっぷりの朝食が出来ます!

■野菜スムージーダイエット・ベーシックA

■野菜スムージーダイエット・ベーシックB

■野菜スムージーダイエット・ベーシックC

スーパーで簡単に手にはいる食材ばかりで作っていますので、ぜひ、試してみてくださいね。

手づくり発酵ジュースや発酵フルーツを入れると、発酵の力で、前日に作ったスムージーでも、翌日持ち歩くこともできます!

作り置きができるので、たくさん作って保存しておくことも可能です。

さらに、発酵の力で、旨味が増すので、美味しく頂くことができます。

もし、発酵ジュースづくりに興味があれば、7月19日(金)、7月20日(土)に、山梨のエコファーム歴70年の農家さんが作った桃と、無農薬の栃木のブルーベリーで作る、「手づくり発酵ジュース教室」を開催します。

当日は、発酵ジュース入りスムージーの作り方もレクチャーします。

あなたも一緒に、手づくり発酵ジュースを作りにいらっしゃいませんか?

ご参加お待ちしております。

 

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
無料動画レッスン
最近の記事
最近の記事
アーカイブ
フォロー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest