ブログ

腸内細菌叢は時差ボケにも関係!?

楽しかったLA弾丸旅行も終わり、LAを深夜に出発して、東京には早朝に到着する便で帰ってきました!!

帰ってきてから、1時間ほどの仮眠をとってすぐに、その日の午前中からクラスを再開、Facebookにその様子をアップしました。

そうしたところ、クラスの皆さんやFacebook友達から、

「今朝、ロサンゼルスから帰ってきたのですか?」
「時差ボケはないんですか?」

「記事読んでいる私が時差ボケしてるのかと思いました。先生の活動量、半端なーい!」

と驚かれたので、

「私、時差ボケ、ないんです!!」

とドヤ顔でお答えしています(笑)

実は、これも「発酵リビングフード」主体の食事の成果だと思っています。

海外旅行に行くと、やはりきついのが「時差ボケ」ですよね。

でも、日頃から「発酵リビングフード」を摂っていると、ほんと、時差ボケ知らずなんです。

今回も、特にLAだとオーガニック野菜を食べれるお店が充実しているので、腸内環境が崩れにくいのもありますね!

「腸内環境と体内時計」

きっと関係がありそうだなあと思って、いろいろ調べてみたら、

「時差ボケで太るのは、腸内の肥満菌が増えるため」

という気になる記事を見つけました!

早稲田大学教授の柴田重信氏とカリフォルニア大学ロサンゼルス校助教授の田原優氏の「体内時計」の研究によるものでした。

腸内細菌は、腸の外での培養が難しいので、実験したくてもできない菌が大多数だったのですが、「次世代シーケンサー」という新しい研究手法(機械)によって、DNAの配列をこれまでの数千から数万倍というスピードで読むことができるようになり、腸内に棲む菌がどういった機能を持つかまで推測できるようになったそうです。

マウスの糞便や腸管の上皮細胞を調べると、時刻によって特定の腸内細菌の生息する場所が違っているのだそうです。

実験では、体内時計の乱れたマウス=時計遺伝子が欠損したマウスでは、細菌叢の日内変化が見られなかったが、マウスの餌の時刻を固定すると、細菌叢の日内リズムが復活したそうです。

乱れた食事時刻は、腸内細菌に変化を及ぼし、規則正しい食生活は、腸内環境のリズムを整えるというのです。

さらに、私たち人間世界で体内時計が乱れる状態で一番身近なものが、「時差ボケ」です。

そこで、研究では、ある被験者に海外旅行中と、その前後に糞便を採取してもらい、細菌叢を測定した結果、時差ボケ中に「フィルミクテス門」細菌が増加することがわかりました。

この細菌群は、肥満の人の腸内に多く見られることが知られている菌です。

さらに、研究では海外旅行中の人の糞便を、無菌状態で育てたマウスの腸内に移植したところ、移植前のマウスに比べ、ぶくぶく太ったそうです!

海外旅行で美味しいものをつい食べ過ぎてしまって、太ったぁ~とよく耳にしますが、気圧によるむくみだけでなく、体内リズムの乱れからくる、フィルミクテス門の菌が増殖したせいかもしれません。

時差ボケと腸内細菌叢がこんなに関係が深いだなんて!

驚きですが、私の時差ボケがないのも納得かもしれません。

私の旅行や出張の時の対策は!

機内にも持ち込めるHAKKOH+プレミアムを携帯することです。

「HAKKOH+プレミアム」は、水なしでも飲める粉末状になっているので、とても軽くて持ち運びやすい。いつでもどこでも気軽に飲めるので、旅先でとても重宝しています。

「HAKKOH+プレミアム」は、ナッツミルクや豆乳などに混ぜて、しばらく常温で置いて置くと、美味しいヴィーガンヨーグルトを作ることができます。

さらに、ご飯やおかずにちょっとふりかけると、極上の醤油を一滴垂らしたようなコクと旨味が増します。

「HAKKOH+プレミアム」には、85種類の植物を3年半も発酵熟成し、フリーズドライ製法で粉末にしているので、発酵菌がそのまま生きてるし、酵素の働きも活きています。

植物性乳酸菌には、19種属あると言われている中、「HAKKOH+プレミアム」には、なんと、15種属も含まれているので、腸内細菌叢を整えるにはもってこいなんです。

これを摂っているので、「時差ボケ」もないですし、毎日、快“腸”です!!

腸内環境を改善!!HAKKOH+プレミアムって?

2017年に体内時計研究者が、ノーベル医学生理学賞を受賞。

これからもっともっと腸内細菌叢との関係が明らかになり、注目されてきそうですね。

海外旅行先でも帰国後もいつもと変わらぬ状態で気持ち良く過ごせるためにも、ぜひ、腸内環境を整えることを意識してくださいね。

関連記事

近日公開講座・イベント

7月
9
2018
10:30 AM 手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 9 @ 10:30 AM – 1:00 PM
手づくり発酵ジュース教室【桃とブルーベリー7/9・7/16】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー | 渋谷区 | 東京都 | 日本
桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース 今月は、今が旬のダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く!桃とブルーベリーの発酵ジュース1ヶ月分=約1リットルを一緒に仕込みます!!美を意識するセレブ・モデル・女優さんたちや、女性雑誌なども注目している発酵ジュースの作り方を学ぶことができます。 手づくり発酵ジュースは、そのまま水に薄めて飲んでもよし!ローフード料理の調味料として使ってもよし!甘みを砂糖から、発酵ジュースに変えることで、腸内環境を整え、健康的な体づくりに役立ちます。毎日の食事に取り入れるための基本を学ぶこともできます。 桃の特徴 桃の主成分は、ショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので、疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。桃のカリウム含有量は、果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できます。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 ブルーベリーの特徴 ブルーベリーの持つアントシアニンが、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーにも注目です。アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 血流改善は、人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。似たような抗酸化の物質として、ルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 開催概要 カリキュラム <理論編> 1時間 手づくり発酵ジュースとは? 常在菌のすごい働きついて 白砂糖を使っても大丈夫なの? 手づくり発酵ジュースの作り方 ご自宅での発酵~熟成~保存の仕方  <実践編> 1時間30分 手づくり発酵ジュースの仕込み 出来上がり約1リットル分の食材と砂糖込み 手づくり発酵ジュースについてあれこれ質問タイム 経験豊富なむっちゃん先生が酵素の秘密を伝授! 手づくり発酵ジュースに仕込む、美味しい果物の試食! むっちゃん先生の手づくり発酵ジュースや発酵フルーツの試飲・試食 飲むだけじゃない手づくり発酵ジュースの使い方 「桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース」受講証明書授与 開催日時 7/9(月)[...]
7月
11
2018
7:00 PM 美味しい“発酵”を作る MEGUMIのヴ... @ ATTiVAリビングフードアカデミー
美味しい“発酵”を作る MEGUMIのヴ... @ ATTiVAリビングフードアカデミー
7月 11 @ 7:00 PM – 9:30 PM
美味しい“発酵”を作る MEGUMIのヴーガン・ローチーズ専科【全2回】 @ ATTiVAリビングフードアカデミー
乳製品を摂らない選択をされた方に朗報です! 乳製品や動物性食品を使わないチーズをご自分で作って楽しむことができます!もちろん、乳製品OKの方にも、ナッツミルクと発酵促進源と組み合わせて、美味しい“発酵”の世界を全2回のセッションで探求していきます。 ご自宅でも作成や熟成をしていただく、実践型のワークです。 レッスンのあとは、作ったチーズやMEGUMI特製のチーズを応用したローフードを楽しみます。 学ぶポイント 乳製品チーズとヴィーガンチーズに関しての知識 発酵助成材について (リジュベラックの作り方) 発酵させないローチーズの作り方 発酵させるベシック・ローチーズの仕込み方 ベーシック・ローチーズの応用 1回目:7月11日(水) ヴィーガン・ローチーズの世界へようこそ!(チーズトレビア) 乳製品チーズとヴィーガンチーズの違い 素材、発酵促進源などの基礎 (HAKKOH+premium、発酵ジュース、プロバイオティックスカプセル、リジュベラックなど) 作成するチーズの種類 ベーシック・ローチーズ(カシューナッツ) 仕込み(ご自宅で熟成) ローモッツァレラチーズ (マカダミアナッツ・カシューナッツ) ローパルメザンチーズ (カシューナッツ・松の実など) 試食会 (カプレーゼ・ ロークラッカーとフレッシュチーズ) 2回目:8月8日(水) ヴィーガン・ロー・発酵チーズの世界 発酵から熟成へ ご自宅で仕込んで来ていただいたチーズをハーブやスパイスなどでフレーバーをつけて完成していきます。 発酵させないチーズにも挑戦・その2:ローリコッタチーズ (アーモンド) 作成するチーズの種類 ローリコッタチーズ ロー・チェダー風スモークチーズ マイ・ローチーズ[...]
7月
16
2018
10:30 AM 手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 16 @ 10:30 AM – 1:00 PM
手づくり発酵ジュース教室【桃とブルーベリー7/9・7/16】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー | 渋谷区 | 東京都 | 日本
桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース 今月は、今が旬のダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く!桃とブルーベリーの発酵ジュース1ヶ月分=約1リットルを一緒に仕込みます!!美を意識するセレブ・モデル・女優さんたちや、女性雑誌なども注目している発酵ジュースの作り方を学ぶことができます。 手づくり発酵ジュースは、そのまま水に薄めて飲んでもよし!ローフード料理の調味料として使ってもよし!甘みを砂糖から、発酵ジュースに変えることで、腸内環境を整え、健康的な体づくりに役立ちます。毎日の食事に取り入れるための基本を学ぶこともできます。 桃の特徴 桃の主成分は、ショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので、疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。桃のカリウム含有量は、果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できます。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 ブルーベリーの特徴 ブルーベリーの持つアントシアニンが、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーにも注目です。アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 血流改善は、人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。似たような抗酸化の物質として、ルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 開催概要 カリキュラム <理論編> 1時間 手づくり発酵ジュースとは? 常在菌のすごい働きついて 白砂糖を使っても大丈夫なの? 手づくり発酵ジュースの作り方 ご自宅での発酵~熟成~保存の仕方  <実践編> 1時間30分 手づくり発酵ジュースの仕込み 出来上がり約1リットル分の食材と砂糖込み 手づくり発酵ジュースについてあれこれ質問タイム 経験豊富なむっちゃん先生が酵素の秘密を伝授! 手づくり発酵ジュースに仕込む、美味しい果物の試食! むっちゃん先生の手づくり発酵ジュースや発酵フルーツの試飲・試食 飲むだけじゃない手づくり発酵ジュースの使い方 「桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース」受講証明書授与 開催日時 7/9(月)[...]
8月
8
2018
7:00 PM 美味しい“発酵”を作る MEGUMIのヴ... @ ATTiVAリビングフードアカデミー
美味しい“発酵”を作る MEGUMIのヴ... @ ATTiVAリビングフードアカデミー
8月 8 @ 7:00 PM – 9:30 PM
美味しい“発酵”を作る MEGUMIのヴーガン・ローチーズ専科【全2回】 @ ATTiVAリビングフードアカデミー
乳製品を摂らない選択をされた方に朗報です! 乳製品や動物性食品を使わないチーズをご自分で作って楽しむことができます!もちろん、乳製品OKの方にも、ナッツミルクと発酵促進源と組み合わせて、美味しい“発酵”の世界を全2回のセッションで探求していきます。 ご自宅でも作成や熟成をしていただく、実践型のワークです。 レッスンのあとは、作ったチーズやMEGUMI特製のチーズを応用したローフードを楽しみます。 学ぶポイント 乳製品チーズとヴィーガンチーズに関しての知識 発酵助成材について (リジュベラックの作り方) 発酵させないローチーズの作り方 発酵させるベシック・ローチーズの仕込み方 ベーシック・ローチーズの応用 1回目:7月11日(水) ヴィーガン・ローチーズの世界へようこそ!(チーズトレビア) 乳製品チーズとヴィーガンチーズの違い 素材、発酵促進源などの基礎 (HAKKOH+premium、発酵ジュース、プロバイオティックスカプセル、リジュベラックなど) 作成するチーズの種類 ベーシック・ローチーズ(カシューナッツ) 仕込み(ご自宅で熟成) ローモッツァレラチーズ (マカダミアナッツ・カシューナッツ) ローパルメザンチーズ (カシューナッツ・松の実など) 試食会 (カプレーゼ・ ロークラッカーとフレッシュチーズ) 2回目:8月8日(水) ヴィーガン・ロー・発酵チーズの世界 発酵から熟成へ ご自宅で仕込んで来ていただいたチーズをハーブやスパイスなどでフレーバーをつけて完成していきます。 発酵させないチーズにも挑戦・その2:ローリコッタチーズ (アーモンド) 作成するチーズの種類 ローリコッタチーズ ロー・チェダー風スモークチーズ マイ・ローチーズ[...]

最近の記事

ページ上部へ戻る
Translate »