冷え性に悩む女性はなんと8割!?
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

昔から「冷えは万病の元」と言割れています。

「冷え」は、放っておくと大変な病を引き寄せてしまいます。

ガン患者の多くは皆、体温が35度台と低いのが特徴です。

ところが、20〜30代の女性に聞くと、

「冷えていても、特に調子が悪いわけじゃないから、気にしていないです」

と!!

しかし、今は何もなくても、冷え性が積み重なっていくと、30代後半から、いろいろな手を尽くしても良くならない状態になってしまいます。

そして、40代〜50代になると、冷えが「万病」へとつながっていってしまうのです。

特に、閉経を迎えた50代の方の多くの悩みは、「更年期障害」が訪れます。

「更年期障害」は、

・顔がほてる
・顔から汗が噴き出す
・疲れやすい
・やる気が出ない
・ついマイナスに考えてしまう
・気がついたら愚痴っぽくなっている
・外に出るのがおっくう
・家事をする気力がない

という症状が現れてきます。

あなたの周りにそんな方はいらっしゃいませんか?

なんと!女性の5人の内4人(約8割)が、冷え性に悩んでいます。

男性は、4割にとどまっていますが、足先が冷える末端冷え性は、男女とも8割を超えています!!

「冷え性」は、まさに国民病といっても過言ではありません。

かつて冷え性だった生徒さんやインストラクターの方に、当時の冷え性対策を聞いてみると、

・腹巻
・靴下の複数ばき
・薄いインナーの重ね着
・白湯を飲む
・生姜入りのドリンクを飲む
・漢方薬を摂る
・温かいお風呂に長くつかる

という回答でした。

しかし、これらの方法だと、その時は一時的に温かくなりますが、根本的な解決にはなりません。

冷えの原因は、エネルギーを産生する細胞内の働きが悪いことが原因です。

エネルギーは、細胞内基質と「ミトコンドリア」で作られますが、特に、「ミトコンドリア」の働きが悪くなると、どんどんエネルギーの産生が低下します。

と言うことは、つまり、冷え性の方は、「ミトコンドリアの働きが悪い」、もしくは、「ミトコンドリアの数が減っている」可能性が高いのです。

ミトコンドリアは生き物ですから、エサが必要です。

私たちは、ミトコンドリアのエサになる、適切な食べ物を口から入れることが、本当に重要なんです!!

ミトコンドリアが最も活性化するエサとは!?

ヒントは「発酵」です。

「発酵」と「冷え」の解消には、非常に密接な関係があります。

発酵食品を食べると、カラダはポカポカしてきます。

これが重要なんですね。

なぜ「発酵」が冷えを改善してくれるのか?

もし、そのメカニズムを知りたいのであれば、発酵を簡単に取り入れる方法があります。

「約8割の女性が悩む冷え性の改善ポイントは『発酵』にあった!」

その方法を知ることができる、オンラインライブ講座を開催します!!

開催日は下記の通りです。

7/24(水)9:30〜11:00
7/27(土)9:30〜11:00
8/6 (火)9:30〜11:00
8/11(日)9:30〜11:00

オンラインライブ講座ですので、ネットのつながる場所でしたら、世界中どこでも参加できます!!

パソコン、タブレット、スマホから視聴参加頂けます。

さらに!!参加費は、無料です!!

お申し込みはこちらから

ご参加お待ちしております。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
無料動画レッスン
最近の記事
最近の記事
アーカイブ
フォロー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest