イライラ・不安の原因は、細胞の栄養不足!?
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

突然ですが、あなたは普段、イライラすることってありませんか?
もし、イライラすることが多いのであれば、それは、体の中の栄養が足りていないせいかもしれません。
イライラは精神的な原因もありますが、実は、食べるものにも大きく影響されていることがわかってきました。
精神科医で作家の奥田弘美先生のお話です。

「リラックスや楽しいことをするとエネルギーが入り、ストレスがかかるとエネルギーが消費されます。
ストレス度が高くなればなるほど、心からはエネルギーが消費されていきます。
危険なのは、供給されるエネルギーより、消費するエネルギーの方が多くなること。
知らず知らずに消耗が続き、緊張・イライラの状態が深刻化することが多いです。」

とのこと。
A【心のエネルギーを満たすもの】
ワクワク、リラックス、楽しい、休息、生きがい
B【エネルギーを消費するもの】
イライラ、怒り、不安、ストレス、怖れ
エネルギーレベルが、A<Bになってしまうと、イライラが続き、体にもよくないのです。
逆に、体の中のエネルギーレベルが高ければ、上司や同僚の嫌な行為や発言があっとしても、また、パートナーや子供、家族とのちょっとした行き違いがあったとしても、イライラにつながることが少なくなるということです。
さらに、奥田先生はこう続けています。

「心とは、体全体の細胞を通して入ってきた刺激が、脳で統合されることによって生まれます。
すなわち、元気な心を作るためには、体のケアが不可欠なのです。
タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラルのバランス栄養食と、6時間の睡眠は心と体のケアの超基本!」

そう、その通りなんです!!
心のケアは、体のケアに直結しているんです!
あなたの細胞に、どれだけ良質の栄養が行き渡っているかが重要なんです。
イライラや不安が多いということは、体の中の細胞に栄養が足りていないということになります。
毎日の食生活の中で、“栄養価の高い”食事が摂れているでしょうか?
アティーバで推奨しているリビングフード(手づくり酵素ジュースとローフード)を毎日の食事に50%程度採り入れたMさんという方がいらっしゃいます。
このMさんが、リビングフードを始めてから、約1ヶ月後、「イライラしない」という目標を立てたことも忘れるぐらい、イライラがなくなっていたそうです。
Mさんは、たった1ヶ月リビングフードを実践することで、体の中に十分な栄養が届くようになり、元気な心と体を手に入れることができたようです。
さらに、3ヶ月後には、イライラ改善の他にも便秘も改善して、朝のスッキリ感がなんとも言えないと大満足の笑顔で話してくれました。
体も心も元気になるリビングフードを、あなたも実践してみませんか?
そこで、3月29日と4月3日のお昼と夜に、このリビングフードを体験して頂ける「体験試食会」を開催致します。

今回のメニューは、大好評頂いた「ロー寿司」です。
お寿司と言っても、もちろん、お魚などの動物性タンパク質は一切使わず、野菜だけで作ります。
でも、美味しいお寿司が作れます。
ぜひ、ご試食にいらして下さい。
※ 体験されたもの(ロー寿司)をご家族やお友達にも教えてあげて下さいね。

手作り酵素ジュース&ローフード体験試食会

日 時:

  • 3/29(水)12:00〜/19:00〜
  • 4/3(月) 12:00〜/19:00〜

会 場
スタジオ・アティーバ(三軒茶屋駅徒歩8分)
参加費:
一般:4,000円 / メルマガ会員:3,500円 / ATTiVA会員:3,000円
※ お友達と一緒に参加:あなたにもお友達にもATTiVA講座1000円割引チケットをプレゼント♪
 

 
教室で、あなたにお会いできること、楽しみにしております。
今回も最後までお読み頂きありがとうございます。
また、次回もお楽しみに。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
無料動画レッスン
最近の記事
最近の記事
アーカイブ
フォロー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest