あなたの「腸力」はいかがですか?
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

突然ですが、あなたの「腸力」は高いですか?
いきなり「腸力」と言われてもピンとこないかもしれませんね。
そこで、まずは、以下の質問に答えてみて下さいね。
□ 便秘気味で毎日はお通じがない
□ 便の形が、バナナ状ではなくコロコロだったり、柔らかい。
□ するっと便が出ない
□ 便の臭いが無臭ではなく、臭う
□ 便の色が茶色いもしくは黒っぽい
□ 食べた後に胃や下腹部が張る感じがある
□ オナラが出る
□ オナラが臭い
□ 胃やお腹が痛くなることがある
□ 胃がもたれることがある
□ 便秘薬や下痢止めの薬を飲んでいる
□ イライラすることが多い
□ 不安や心配になることが多い
□ すぐ風邪やインフルエンザなどひきやすい
□ アレルギー症状がある(鼻炎、喘息、アトピー皮膚炎など)
□ 過食気味
□ 食欲がない
□ 疲れやすくなった、疲労回復が遅い
もし、この中で一つでもチェックがあったら、あなたの「腸力」が弱っているかもしれません。
「腸は第二の脳」と言われているのはご存知のことと思います。
また、免疫細胞全体の6割が腸に待機していて、侵入してくる敵と戦っています。
また、幸せホルモンと言われる「セロトニン」は、95%が腸で作られています。
セロトニンは、体のリズムを整えたり、ホルモンと同じような働きをしたり、睡眠の状態にも関係しています。
また、体温の調整や痛みの認知、食欲の制御や消化・吸収に至るまで、私たちの体の機能に多く関わっているのです。
そして、腸の最大の役割は、食べたものを消化し、血管に吸収されるようにしてあげることです。
ところが、便秘や下痢など、お通じがスムーズでないということは、「腸内環境」が乱れに乱れていて、腸の働きがスムーズに行われていないということです。
つまり、本来、腸が持っている力「腸力」を発揮できない状態ということになります。

「腸力」低下による病気

過敏性腸症候群、腸閉塞、大腸憩室症、大腸がん、直腸がん、巨大結腸症、卵巣腫瘍、骨盤腹膜炎、全身性強皮症、頸椎症、脊髄の腫瘍、甲状腺機能低下症、褐色細胞腫、低カリウム血症、裂肛、本態性低血圧症、高血圧 など

「腸力」低下による症状

皮膚が硬くなる、嚥下障害、咳、息切れ、関節痛、腹痛なし 肩こり、上肢の痛み・脱力感、手指の感覚異常、背部痛、手足の痛み・感覚鈍麻、歩行障害、汗をかかない、寒がり、皮膚の乾燥、脱毛、顔のむくみ、かすれ声、頭痛、発汗過多、動悸、やせ、胸痛、視力障害、脱力感、筋力低下、吐き気、嘔吐、多尿、多飲、排便に伴う肛門の痛み出血、倦怠感、めまい、動悸、頭痛、息切れ、肩こり、下痢 などなど。
「家庭の医学」によると、便秘など腸力低下の状態のままだと、こんなにたくさんな症状や病気につながってしまいます。
実は、私も「食を変える」前は、便秘と下痢を繰り返していました(^^;;
様々な病気と原因不明のつらい症状の根本原因は「腸」にあったんですね。
便秘や下痢になった時に、とりあえず「薬」を飲むのは、対処療法にしか過ぎません。
また、長く薬を摂り続けることによる「副作用」も心配です。
そこで、ATTiVAでは、健康の大元である「腸力」をアップさせるための方法をお伝えする「腸力アップ!」セミナーを開催することにしました。
あなたが、もし、上記の症状の一つでも気になることがあったら、ぜひ「腸力アップ!セミナー」にお出かけください。
長年悩んでいたことが、「え?本当に?」と、その驚きを実感して頂けると思います。
ATTiVAの「腸力アップ!セミナー」の詳細はこちらをクリック

「腸力アップ」セミナー開催日時

8月10日(木)10:30~ 三軒茶屋ATTiVA本校
8月10日(木)19:00~ 新橋コワーキングスペースBasis Point
8月17日(木)11:00~ ATTiVA横浜校
8月17日(木)19:00~ ATTiVA横浜校
ぜひ、あなたの「腸力アップ」にご活用いただければと思います。

お申込みはこちら

ご参加おまちしております。
 

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
無料動画レッスン
最近の記事
最近の記事
アーカイブ
フォロー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest