メロンが肩こりと冷え性に効く!
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

リモートワークでPC操作の時間が増えると「肩こり」がひどくなっていませんか?

どうしてもPCやスマホを操作するときに、下を見てしまいます。
頭の重量は想像以上に重いので、その重さを支えるために、首や肩、背中の筋肉は引っ張られます。

それが、同じ姿勢で長時間となると、筋肉が限界となり、疲労、血流が滞り凝ってしまうのです。

さらに、暑さが増すに連れ、「冷房」がきいた部屋に長時間いる事で、血流はさらに悪くなり、冷え性も重なってしまいます。

皆さんは、大丈夫ですか?

そんな時、お勧めなのが、

【メロン】

さらに、メロンは「ワタ」つきで食べるのがお勧め!!

メロンを食べるときに普通は捨ててしまう、中央の種を含む柔らかい果肉部分にも、しっかりと栄養が含まれています。

この柔らかい部分のことを「ワタ」といいます。

このワタの部分には、βカロテンが多いだけでなく、アデノシンいう成分も多く含まれています。


アデノシンが肩こりと冷え性に効く!

アデノシンには血の巡りを良くしてくれる作用があるため、筋肉のコリがほぐされ肩凝りが軽減されたり、冷え性も緩和されたりと、全身の美容にもうれしい効果が期待できます。


メロンには気持ちを落ち着かせる作用も!

さらに、メロンの成分「ギャバ」には、気持ちを落ち着かせる抗ストレス作用」があるのです。
ギャバにはアドレナリンやドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の分泌を抑制し、脳内の興奮を鎮め、平常心を保つ手助けをしてくれリラックス効果・精神安定作用もあります。

いかがですか?

今が旬のメロンをいただきながら
肩こり解消
冷え性解消
リラックス効果も得られる

なんて、嬉しいですよね。

私の今朝の朝ごはんは「メロンのフルーツヨーグルト」

夏らしいガラスのボウルに、
手づくりの豆乳ヨーグルトにワタつきメロンを入れ
手づくり発酵ジュースをシロップがわりにかけていただきました。

爽やかで美味しいですよ。

メロンを小さなボール型にくり抜いたのを冷凍庫で凍らせるのもお勧め。
☆メロンとスイカを一緒にスムージーにするのもお勧め。
メロンとスイカのスムージーに大葉を入れるとさらに爽やかさがまして美味しいですよ!

ぜひ、ワタ入りメロンで快適な一日をお過ごしください。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
無料動画レッスン
最近の記事
最近の記事
アーカイブ
フォロー
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest