発酵を極める!発酵講座

ATTiVAが推奨する『発酵リビングフード』は、そもそも、「発酵食品」と『ローフード』を一緒に摂取することで、効率的に、効果的に栄養を摂ることができる健康的な食事法です。

発酵食品(醤油、味噌、麹、漬物、納豆などなど)と、火を使わないローフードを組み合わせ、毎日の食事に摂り入れることをお勧めしています。

そこで、これまでの受講生や多くの方からのリクエストにお応えして、この度、特に、日本独自の発酵菌「麹」にフォーカスした発酵講座を開設することになりました。

本物の発酵調味料の味を知り、自分でも手づくりしてみたいと言う声が上がってきたことから、今回の発酵講座開講に至りました。

最近、話題の「発酵」。でも、「発酵」って何?

「発酵」と言う言葉は聞いたことがあるけれども、そもそも発酵とは何なのかは正直分からない方も多いのが現状です。

「発酵」という微生物の働きは、私たちの健康にとって大変必要なものであり、ぜひ多くの方に取り入れて欲しいものでもあります。

日本古来より伝わる、世界の誇るべき食文化「発酵」。世界中を見ても、ここまで「発酵食品」が多く、毎日の食事で摂っている国は他にありません。

しかし、最近では、発酵がブームでありながら、“本物”の発酵食品が手に入りにくくなっている現状もあります。

この『発酵講座』では、“本物”の発酵食品の見極め方から、自分で作る方法など、日々の食生活の中に発酵を摂り入れて頂くために、発酵の基本でもある『麹』を中心に、全5回の発酵講座で学ぶことができます。

「麹」は、最近は、塩麹などのブームでより身近なものになってきましたが、元々は、神事のお供えから始まったと言われており、その後、庶民の間に伝わり、今では「日本の発酵食品」の代表選手として世界中で注目されはじめています。

しかし、市販されている「麹」を使った調味料は、その製造過程や輸送過程の関係で、発酵を止めたり、出汁が入ったり、また加熱してあるものが多く、「麹」本来の恩恵を受けにくいのが現状です。

そこで、この発酵講座を通じて、ご家庭でできる「麹」ベースの発酵食品・発酵調味料作りも含めた、発酵の正しい知識を習得して頂ければと思います。

 

各回コース内容

  • 1回目(2018年8月2日): 手作りビールと手作りマスタード
  • 2回目(2018年9月6日): 甘酒(フルーツ甘酒、コーヒー甘酒)
  • 3回目(2018年10月4日): 粕漬けと酒粕
  • 4回目(2018年11月8日): 塩麹と醤油麹
  • 5回目(2018年12月13日): 味噌丸と即席出し入り味噌

 

第1回:2018年8月3日
手作りビールと手作りマスタード

発酵食品でもあるビールは、もともとベルギーの修道士たちが健康を維持する為未濾過のビールを愛飲していましたが、現在国内で市販されているものは、濾過してオリを取ってしまいます。濾過したオリは、再利用され妊婦さんのサプリメントや肝臓のサプリメント、ビール酵母のサプリメントとして販売されています。

今回はビール作りキットを使ってオリのあるビールを作ります(ノンアルコール)が、そのビールと酵素ジュースで手作りマスタードを使ってお持ち帰りいただきます。※ ビール作りキットのアルコール分は1%未満のものになります。

 


第2回:2018年9月6日
甘酒(フルーツ甘酒、コーヒー甘酒)

「飲む点滴」と呼ばれ甘酒ブームが起こっています。国内では400種以上の甘酒が販売されていますが、甘酒には麹から作った甘酒と酒粕から作った甘酒があります。

今回はアルコールの弱い方やお子様も飲める麹から作った甘酒の作り方と、フルーツ生甘酒、コーヒー甘酒の試飲と甘酒を使ったスイーツの試食、ご家庭で甘酒が作れる有機米麹のお土産つきです。

 

 

 


第3回:2018年10月4日
粕漬けと酒粕

米と米麹を発酵させ、それを搾った液体が「日本酒」になりますが、その時に残った固形物が「酒粕」です。酒粕は加熱処理していないため微生物が生きています。

特にレジスタントプロテインというタンパク質は食品の脂肪を捕まえて一緒に排泄し、体内のコレステロールを下げる働きがあり注目されています。

酒粕は甘酒として飲む方が多く苦手な方が多いようですが、調味料としても大活躍。

今回は酒粕を使った粕漬けや調味料として使う「ゆる酒粕」をお持ち帰りいただきます。

 


第4回:2018年11月8日
塩麹と醤油麹

江戸時代から庶民に広まっていた塩麹や醤油麹は料理漫画で取り上げられたのをきっかけにここ数年注目されるようになりました。

本来なら塩麹や醤油麹は酒や醤と異なり加熱処理していないので、旨味を引き出したり消化を助けますが、大量生産されるようになり加熱処理していたり出汁や他の調味料が加わるようになった為、本来の役目はしなくなってしまいました。

今回は塩麹、醤油麹の使い方紹介します。
手作りの塩麹、醤油麹は作ってお持ち帰りいただきます。


第5回:2018年12月13日
味噌丸と即席出汁入味噌

日本の味噌は伝統発酵調味料で、日本の食生活の主要なのタンパク源です。

味噌は天然醸造と速醸法の二種類があり保存法も様々な工夫がされスーパーやコンビニの陳列棚に置かれるだけでなく、液体の味噌やインスタント味噌など多種多様に販売されています。

味噌は70℃で栄養価が失われるため昔から、火を止めてから味噌を溶く習慣もありました。

今回は、天然醸造味噌と精進出汁を使った味噌丸と即席出汁入味噌を作ってお持ち帰りいただきます。

 


 

講師プロフィール

新庄あゆみ

ATTiVA式・手づくり酵素ジュースインストラクター
辻学園日本調理師専門学校卒業
健康管理士一般指導員
JNFサプリメントアドバイザー
日本リビングビューティー協会・静岡平和校校長
ローフードパティシエ認定校
オーガニック料理ソムリエ

はじまりはキッチンから。をベースに「私たちは食べたものでできている」を伝えるべく手作りにこだわっています。

釜戸でご飯を炊き、味噌を作り、ぬか漬けを育て、乳酸菌飲料を手作りしたりアロエを漬け込み、10人以上の住み込みの従業員の食事を担っていた母親を手伝い育ったおかげで、結婚後も「家庭の味」を守り三人の子供を「 発酵食品」を軸に育てました。

味噌を作るのもぬか漬けをするのも甘酒を作るのも当たり前の日常の30年を経て、日本の財産でもある「麹」と共にある生活を皆さんに覚えていただきたいと思います。

アレルギー、小児肥満、女性疾患、三人の子供の子育て、三世代同居、闘病、認知症の介護をも経験してきました。その経験をもとに食の大切さを実感しています。地元静岡以外にご要望があれば全国どこにでも出張いたします。あくまでもあなたのpaceで一緒に歩んで行くことが食育を学ぶ近道だと感じています。

発酵講座カリキュラム

  • 1回目(2018年8月2日): 手作りビールと手作りマスタード
  • 2回目(2018年9月6日): 甘酒(フルーツ甘酒、コーヒー甘酒)
  • 3回目(2018年10月4日): 粕漬けと酒粕
  • 4回目(2018年11月8日): 塩麹と醤油麹
  • 5回目(2018年12月13日): 味噌丸と即席出し入り味噌

全講座、発酵食品のお土産 or お持ち帰りあり!!

【時 間】

  • 昼の部:13:00〜15:00 定員12名
  • 夜の部 :19:00〜21:00 定員12名
    ※1回目のみ昼の部の開催なし

【受講費・ATTiVA会員】

  • 単発受講:7,500円(税別)
  • 5回おまとめ:35,000円(税別:7,000円/回)※ 5回おまとめ受講なら2,500円もお得!
  • 再受講費:1回 6,500円(税別)

【受講費・一般】

  • 単発受講:8,500円(税別)
  • 5回おまとめ:40,000円(税別:8,000円/回)※ 5回おまとめ受講なら2,500円もお得!
  • 再受講費:1回 7,500円(税別)

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

近日公開講座・イベント

3月
26
2019
7:00 PM 発酵リビングフード体験説明会【3... @ 東京本校
発酵リビングフード体験説明会【3... @ 東京本校
3月 26 @ 7:00 PM – 9:00 PM
発酵リビングフード体験説明会【3月東京】 @ 東京本校 | 世田谷区 | 東京都 | 日本
毎日、口にするものがカラダを作る! 現代社会では、忙しさを理由に、手軽な外食や冷凍食品などの加工品で済ませてしまいがちです。 しかし、私たちのカラダは、毎日、口にするもので作られています。と言うことは・・・カラダに何かしらの不調をきたしているのであれば、その原因は、生活習慣やこれまで口にしてきたものになります。 もし、何かカラダの調子が悪い、病気が長続きしている、将来の健康に不安と言うことであれば、まずは、毎日の食事から見直して見ることをお勧めします。 その中でも、日本古来よりある伝統的な「発酵」と、食材の持つ酵素を生きたまま摂る「ローフード」を組み合わせた「発酵リビングフード」がお勧めです。 実際に毎日の食事を「発酵リビングフード」に切り替えた方々には、驚きの変化が起きています。 健康的なライフスタイルとしての「発酵リビングフード」の素晴らしさと、その実践方法をお伝え致します。もちろん、実際に、発酵リビングフードを作って、ご試食頂きます。 カリキュラム コンビニ食やレトルトを食べ続けていたらどうなる? 「給食で死ぬ」?若者の死因の原因 なぜ食べ続けるとダメなのか?(乳化剤、人工甘味料、コンビニの廃棄食品の飼料として再利用など) 食品の袋の裏の表示:添加物の多さ 食品がどのようにしてできているのか?知られていない事実 どうしたら体に羽が生えたように軽くなるの? 本物の食品とは? 発酵食品が体にいい理由とは? ヴィーガンやベジタリアンの違い 野菜を多く取ることのメリット 酵素を生かした食事って何がいいの? 「発酵リビングフード」を試食してみよう! 料理が苦手な人でも美味しく作れる発酵リビングフード®とは? 発酵リビングフード®講座を学ぶメリット 発酵リビングフード®講座のカリキュラム詳細 食を仕事にする方法 質疑応答 体験・ご試食メニュー 体 験:切って混ぜるだけの発酵リビングフードを体験してみよう! ご試食: 野菜スムージー(発酵フルーツの入りなしで味比べ) トマトカレー(包丁要らず!1分混ぜるだけでできる簡単カレー! 発芽発酵玄米 簡単!豆乳ヨーグルト・フルーツ添え 体験説明会開催概要 開催日時: 3/26(金)19:00~21:00[...]
4月
2
2019
7:00 PM 発酵リビングフード体験説明会【4月】 @ 東京本校
発酵リビングフード体験説明会【4月】 @ 東京本校
4月 2 @ 7:00 PM – 9:00 PM
発酵リビングフード体験説明会【4月】 @ 東京本校 | 世田谷区 | 東京都 | 日本
毎日、口にするものがカラダを作る! 現代社会では、忙しさを理由に、手軽な外食や冷凍食品などの加工品で済ませてしまいがちです。 しかし、私たちのカラダは、毎日、口にするもので作られています。と言うことは・・・カラダに何かしらの不調をきたしているのであれば、その原因は、生活習慣やこれまで口にしてきたものになります。 もし、何かカラダの調子が悪い、病気が長続きしている、将来の健康に不安と言うことであれば、まずは、毎日の食事から見直して見ることをお勧めします。 その中でも、日本古来よりある伝統的な「発酵」と、食材の持つ酵素を生きたまま摂る「ローフード」を組み合わせた「発酵リビングフード」がお勧めです。 実際に毎日の食事を「発酵リビングフード」に切り替えた方々には、驚きの変化が起きています。 健康的なライフスタイルとしての「発酵リビングフード」の素晴らしさと、その実践方法をお伝え致します。もちろん、実際に、発酵リビングフードを作って、ご試食頂きます。 カリキュラム コンビニ食やレトルトを食べ続けていたらどうなる? 「給食で死ぬ」?若者の死因の原因 なぜ食べ続けるとダメなのか?(乳化剤、人工甘味料、コンビニの廃棄食品の飼料として再利用など) 食品の袋の裏の表示:添加物の多さ 食品がどのようにしてできているのか?知られていない事実 どうしたら体に羽が生えたように軽くなるの? 本物の食品とは? 発酵食品が体にいい理由とは? ヴィーガンやベジタリアンの違い 野菜を多く取ることのメリット 酵素を生かした食事って何がいいの? 「発酵リビングフード」を試食してみよう! 料理が苦手な人でも美味しく作れる発酵リビングフード®とは? 発酵リビングフード®講座を学ぶメリット 発酵リビングフード®講座のカリキュラム詳細 食を仕事にする方法 質疑応答 体験・ご試食メニュー 体 験:切って混ぜるだけの発酵リビングフードを体験してみよう! ご試食: 野菜スムージー(発酵フルーツの入りなしで味比べ) トマトカレー(包丁要らず!1分混ぜるだけでできる簡単カレー! 発芽発酵玄米 簡単!豆乳ヨーグルト・フルーツ添え 体験説明会開催概要 開催日時: 4/2(火)19:00~21:00[...]
4月
14
2019
1:00 PM 松田麻美子先生講演会〜欧米の最新... @ リファレンス駅東ビル貸し会議室
松田麻美子先生講演会〜欧米の最新... @ リファレンス駅東ビル貸し会議室
4月 14 @ 1:00 PM – 3:50 PM
松田麻美子先生講演会〜欧米の最新科学が裏付ける食習慣の真実 @ リファレンス駅東ビル貸し会議室
欧米の最新科学が裏付ける食習慣の真実 ~あなたの食べ方間違っていませんか~ ナチュラルハイジーン普及協会会長・松田麻美子先生!講演会が、福岡・博多駅東にて、4月14日(日)に開催致します!! 「麻美子先生の本を読んだだけで、人生が変わった!」という体験が数多くあります。 私(TTiVA学長 睦美)も、麻美子先生の名著「女性のためのナチュラルハイジーン」を読んだ時の衝撃が忘れられません。 のたうち回るほど酷かった生理痛の原因も、11歳で始まった初潮も、ああ、これが原因だったのかと思い知らされました。 正しい食の知識を知ることで、人生が変わるのです❣️ これからの人生を最高に導きたい方、ぜひ、情熱溢れる麻美子先生の講演を聴きにいらしてください。 〜〜松田麻美子先生からのメッセージ〜〜 みなさんが、ニキビ、便秘、花粉症、喘息、生理痛、腹部肥満、高血圧、高血糖、脂質異常、胃酸逆流、胃潰瘍、関節リウマチ、さらにはもっと深刻なガン、心臓血管疾患、糖尿病などの悩みがあるとしたら、「食べ方が間違っている証拠」です。 「肉は健康長寿の秘訣」「果物や穀物などの糖質は肥満や糖尿病の元」「豆類ほか植物性食品に含まれるレクチンは有害」といった情報が巷にあふれていますが、このような情報に従っていたのでは、スリムでエネルギーに満ちあふれた健康体を手にすることはできません。 生涯健康な人生を送りたいと願うのでれば、欧米の最新医学・栄養学が裏付ける「真実の食習慣」について知ることです。 4月14日(日)の講演会では、【欧米の最新科学が裏付ける「食習慣の真実」~あなたの食べ方間違っていませんか~】と題して、日本のメディアやインターネットからは知ることができない、欧米の最新科学が裏付ける「真実の食習慣とは何か」お話しいたします。 松田麻美子 ・・・・・ ATTiVAリビングフード・アカデミーでは、このたび福岡にて、自然健康・治癒学博士であり、日本におけるナチュラル・ハイジーンのパイオニアとしてご活躍されている松田麻美子先生の講演会を開催させていただきます。 ナチュラル・ハイジーンとは? 以下、松田麻美子先生 訳書「フィットフォーライフ」(グスコー出版)より引用。 “ナチュラル・ハイジーンの基本的な考えは「体は健康を求めていつも努力しており、有害な老廃物を自ら絶えず浄化することによってそれを成し遂げようとしている」というものである。” “ナチュラル・ハイジーンは、「食べ物こそがその人の生命の長さと質に多大な影響を及ぼす」ということを認識し、そのうえで実際にその食べ物を摂取していくという方法を取る。減量云々以前の問題として、「病気の予防と健康的な生活」をめざしている。” “自然の法則に違反しているために起こる結果(訳者注・病気やさまざまな症状)と絶えず闘うのではなくて、健康上の問題を引き起こしている根本的な原因を取り除く方法を、人々に教えている。” 講 師 松田麻美子先生 自然健康・治癒学博士(Ph.D. in Natural Health & Healing) 日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長。 1978年、米国ウェスリヤン大学卒。 1992年、「アメリカ健康科学カレッジ」で栄養科学の最高学位を取得。 2006年、 米国ナチュラル・ヘルス大学卒。栄養科学、自然健康・治癒学を修め、ヒュースト[...]
4月
20
2019
10:30 AM 手づくり発酵ジュース教室【びわ】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり発酵ジュース教室【びわ】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
4月 20 @ 10:30 AM – 1:00 PM
手づくり発酵ジュース教室【びわ】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー | 世田谷区 | 東京都 | 日本
大好評(^^)!一緒に作ろう!びわの手づくり酵素ジュース教室 4月は、アティーバで初めての「びわ」の発酵ジュースです!! びわの特徴 びわにはベータカロチンが豊富に含まれています。含有の割合は果物の中ではトップクラスとも言われているほど。 ベータカロチンは、野菜でいうとニンジンやかぼちゃに多く含まれていて、体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜の健康に必要な栄養素です。 きれいなお肌を作るためや、体の粘膜の保護をするためにベータカロチンは欠かせない栄養素だと言われています。 びわには、ベータカロチン以外にも、余分なナトリウムを排出してくれるカリウムや、 疲労回復に良いといわれているビタミンB、クエン酸、リンゴ酸、貧血を防ぐのに必要な鉄分、 ベータカロチンと並んで抗酸化作用があるポリフェノール、美肌や免疫力をアップしてくれるビタミンCなどが含まれています。 びわにはバランス良く栄養が詰まっているので、健康果実と呼ばれる所以です。 豊富な栄養素の他にも、風邪にも良いと言われているびわ。 昔から、風邪で咳や痰が出たり、熱が出たりしている時には、生のままのびわを食べると良いと言われているそうです。 美味しくて栄養があって、薬効としての役割もあります。 開催概要 カリキュラム <理論編> 1時間 手づくり発酵ジュースとは? 常在菌のすごい働きついて 白砂糖を使っても大丈夫なの? 手づくり発酵ジュースの作り方 ご自宅での発酵~熟成~保存の仕方  <実践編> 1時間30分 手づくり発酵ジュースの仕込み 出来上がり約1リットル分の食材と砂糖込み 手づくり発酵ジュースについてあれこれ質問タイム 経験豊富なむっちゃん先生が酵素の秘密を伝授! 手づくり発酵ジュースに仕込む、美味しい果物の試食! むっちゃん先生の手づくり発酵ジュースや発酵フルーツの試飲・試食 飲むだけじゃない手づくり発酵ジュースの使い方 「びわの手づくり発酵ジュース」受講証明書授与 開催日時 4/20(土)10:30〜13:00 +発酵ご飯会 13:15~14:30頃[...]
4月
23
2019
10:30 AM 手づくり発酵ジュース教室【びわ】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり発酵ジュース教室【びわ】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
4月 23 @ 10:30 AM – 1:00 PM
手づくり発酵ジュース教室【びわ】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー | 世田谷区 | 東京都 | 日本
大好評(^^)!一緒に作ろう!びわの手づくり酵素ジュース教室 4月は、アティーバで初めての「びわ」の発酵ジュースです!! びわの特徴 びわにはベータカロチンが豊富に含まれています。含有の割合は果物の中ではトップクラスとも言われているほど。 ベータカロチンは、野菜でいうとニンジンやかぼちゃに多く含まれていて、体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜の健康に必要な栄養素です。 きれいなお肌を作るためや、体の粘膜の保護をするためにベータカロチンは欠かせない栄養素だと言われています。 びわには、ベータカロチン以外にも、余分なナトリウムを排出してくれるカリウムや、 疲労回復に良いといわれているビタミンB、クエン酸、リンゴ酸、貧血を防ぐのに必要な鉄分、 ベータカロチンと並んで抗酸化作用があるポリフェノール、美肌や免疫力をアップしてくれるビタミンCなどが含まれています。 びわにはバランス良く栄養が詰まっているので、健康果実と呼ばれる所以です。 豊富な栄養素の他にも、風邪にも良いと言われているびわ。 昔から、風邪で咳や痰が出たり、熱が出たりしている時には、生のままのびわを食べると良いと言われているそうです。 美味しくて栄養があって、薬効としての役割もあります。 開催概要 カリキュラム <理論編> 1時間 手づくり発酵ジュースとは? 常在菌のすごい働きついて 白砂糖を使っても大丈夫なの? 手づくり発酵ジュースの作り方 ご自宅での発酵~熟成~保存の仕方  <実践編> 1時間30分 手づくり発酵ジュースの仕込み 出来上がり約1リットル分の食材と砂糖込み 手づくり発酵ジュースについてあれこれ質問タイム 経験豊富なむっちゃん先生が酵素の秘密を伝授! 手づくり発酵ジュースに仕込む、美味しい果物の試食! むっちゃん先生の手づくり発酵ジュースや発酵フルーツの試飲・試食 飲むだけじゃない手づくり発酵ジュースの使い方 「びわの手づくり発酵ジュース」受講証明書授与 開催日時 4/20(土)10:30〜13:00 +発酵ご飯会 13:15~14:30頃[...]

最近の記事

ページ上部へ戻る
Translate »