リビングフードの食べ方

ローフードとは、「生」の食べ物

recipe2ローフードとは、ロー(Raw)は「生」、フード(Food)は「食べ物」という意味。

自然の食材を加熱しないで生で食べることにより、野菜・果物などに含まれる酵素や栄養素を壊すことなく、効果的に体の中に摂り入れることで、健康・美容・ダイエットにとても効果のある食事法です。

アメリカで始まったローフードは、健康美容の効果が高いことからハリウッドセレブの間で流行り、そこから一般の方へ、そして今や、世界中に広まってきています。

ローフードでは、特に『酵素』に着目し、食べ物の中に存在する『酵素(エンザイム)』が生きている食べ物を一般的にローフードと呼んでいます。

できるだけ熱を加えず、加えたとしても48℃以下に抑えて調理を行い、『酵素』が生きたままの状態で体に摂り入れます。

では、なぜ『酵素』を生きたまま、体に摂り入れることが良いのでしょうか?

「病気の原因は「火食」と「過食」にあり」

そう説いたのは、医学の祖と言われる古代ギリシャ時代の哲学者ヒポクラテスです。

また「自然の法則に基づく原則と習慣に従って息、食べていれば、誰でも肥満や病気を予防・改善でき、常に健康な状態で生きてくことができる」と教えていたと言われます。

自然界にいる野生の動物たちは、この法則に従っているため病気にならないという考え方です。

Fotolia_74811403_XS利便性を求めた結果、加工食品やファーストフードが増え、昼夜逆転の生活を送る人たちも増えています。電化製品や交通機関の発達で運動量も減り、私たち人間は「自然の法則」から遠ざかった生活が当たり前になってきているのです。

その結果、かつてはなかったような病気が蔓延し始めています。

そのことに気づいたアメリカの医師たちが、19世紀の初めにまとめた健康理念のことを「ナチュラルハイジーン」と言います。ヒポクラテスやピタゴラスなどの考え方を背景にし、自然治癒力を最大限に生かすための方法を体系化した生命科学の理論です。

ローフードはこの「ナチュラルハイジーン」の健康理念を背景に発達した食事法です。

口にするものであなたの未来が決まる

IMG_2067現代の私たちを取り巻く食べ物の環境は決していいものではありません。

汚染された空気、水、農薬や殺虫剤にまみれた農作物、ホルモン剤や抗生物質など大量に薬剤を投与された家畜肉、水銀など有害ミネラルいっぱいの魚介類、世界で一番摂取量が多いと言われている添加物だらけの加工食品。

気づいたら日本は生活習慣病が蔓延している病気大国です!

1954年2,152億円だった国民医療費が、2011年は37兆円です。172倍の増加です!!

平成元年1989年の19.7兆円からしても2倍近く増えています。

私たちの体は、食べ物と水と空気でできています。

健康な未来を引き寄せるためには、これから口にするものがとても大切になります。

心身ともに健全な日々の生活を送るために、ローフードを摂りいれてみませんか。

そうすることで、家族や周りの大切な方の健康を守ることにつながっていきます。

想像以上の健康と美を取り戻す「ローフード」

recipe4ローフードを体験された方は、

「こんなに早く改善するとはびっくりです!」
「しかも、美味しくて、食べる量を我慢せずに、作るのが簡単!」

と、体験された方は驚きの表情と喜びを笑顔で語ってくれます。

また、ローフードは、毎日の食事の100%を「ローフード」に変える必要はありません。

1日の食事の約半分、50%以上を「酵素ジュース」と「ローフード」に変えるだけでも十分、健康な体へと変化が起こり始めます。

さらに、1日の80%以上の食事を「発酵×ローフード」=「リビングフード」にすることで、十分な結果を感じることができます。

さぁ、今度はあなたの番です。

ぜひ、リビングフード(発酵×ローフード)を体験してみませんか。

リビングフードを始める時の注意点

本を読んだりホームページで調べたりして、ローフードを生活に採り入れ始める時、注意して欲しいことがあります。

1. 食べ合わせを気をつける

消化をスムーズにするための食べる順番や、一緒に食べることで消化をストップさせてしまうものもあるので、注意が必要です。

2. 好転反応

身体が必要とする野菜・果物を摂り入れ始めると身体が修復を始めます。

その時、頭痛や疲れ・下痢・鼻水等の人によって異なりますが、「好転反応」が起こります。

初めは驚かれるかもしれませんが、体の中の毒素を排出している良い反応ですので、悪いことではありません。

酵素ジュースを一緒に摂ることで、この「好転反応」が和らぐことが体験者の結果から分かってきています。
※さらに詳しい知識は、「リビングフード講座」で学ぶことができます。

まずは、自宅で簡単にできる「発酵×ローフード」のレシピをご紹介致しますので、ここから始めてみましょう。

近日公開講座・イベント

7月
26
2017
10:30 AM 手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 26 @ 10:30 AM – 1:00 PM
手づくり酵素ジュース教室【桃とブルーベリー・7/26午前】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
 ★手ぶらの参加もOK! 大好評(^^)!一緒に作ろう!桃とブルーベリーの手づくり酵素ジュース教室 【桃とブルーベリーの酵素ジュース】 ダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く! 美を意識するセレブ・モデル・女優・女性雑誌が注目!!の酵素ジュースが出来上がります。   【桃の特徴】 桃の主成分はショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。 桃のカリウム含有量は果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。 便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できますね。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 【ブルーベリーの特徴】 アントシアニンが持つ力で、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。 このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーも注目すべきものです。 アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。 抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。 毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。 毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。 ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 さきほど、血流改善にブルーベリーが持つアントシアニンが効くと紹介しましたが、血流改善は人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。 また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。 似たような抗酸化の物質としてルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 リピーターの方 リピーターの方は、1,000円offで参加できます。 酵素ジュース作りベテランの方(4回以上) さらに、4回目以上参加の方は、1,500円OFFで参加頂けます。 ぜひ、初めての方にその腕前を発揮してくださいね♪ 毎月こだわりの素材で作る美味しい酵素ジュース作りをお楽しみください。 ワークショップ内容[...]
7:00 PM 手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 26 @ 7:00 PM – 9:30 PM
手づくり酵素ジュース教室【桃とブルーベリー・7/26夜】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
 ★手ぶらの参加もOK! 大好評(^^)!一緒に作ろう!桃とブルーベリーの手づくり酵素ジュース教室 【桃とブルーベリーの酵素ジュース】 ダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く! 美を意識するセレブ・モデル・女優・女性雑誌が注目!!の酵素ジュースが出来上がります。   【桃の特徴】 桃の主成分はショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。 桃のカリウム含有量は果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。 便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できますね。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 【ブルーベリーの特徴】 アントシアニンが持つ力で、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。 このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーも注目すべきものです。 アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。 抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。 毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。 毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。 ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 さきほど、血流改善にブルーベリーが持つアントシアニンが効くと紹介しましたが、血流改善は人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。 また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。 似たような抗酸化の物質としてルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 リピーターの方 リピーターの方は、1,000円offで参加できます。 酵素ジュース作りベテランの方(4回以上) さらに、4回目以上参加の方は、1,500円OFFで参加頂けます。 ぜひ、初めての方にその腕前を発揮してくださいね♪ 毎月こだわりの素材で作る美味しい酵素ジュース作りをお楽しみください。 ワークショップ内容[...]

最近の記事

ページ上部へ戻る