ブログ

ジャンクフードを食べてハッピーになる!?

今日は、昨日のビバリーヒルズと打って変わって、ディズニーランドのあるアナハイムに来ています。

セレブな街とは一転、雰囲気の異なる風景が、またワクワクします。

ハンバーガーやピザなどのいわゆるジャンクなものやお肉料理のお店が当たり前の地域!

実は、昨日、10月のアテイーバ主催のLAローフード視察&研修旅行の目玉となる現地での講座を担当して下さる、ジェニー・ロスとの打ち合わせを行ったのですが、彼女が選んだのが、「EAT Happy JUNK」というお店でした。

「え?ジェニーが、ジャンクフードのお店を待ち合わせ場所に選んだ?」

ジェニーは、こちらでも著名なローフード研究家。

そんなジェニーがジャンクフード?と、最初は?でしたが、実は、これには深~い訳がありました!

この「EAT Happy JUNK」は、JUNK=ジャンクと名打っていますが、中身は「ベジタブル・ジャンク」

ジャンクフードのように、肉好きやポテチのようなジャンクフードが好きな人向けに、一切肉を使わず、野菜だけのパンチの効いた味の濃いハンバーガーや、お肉炒め風の料理を出しています。

お肉を一切使っていないのに、お肉の臭みっぽさまで出しています!

今回の下見旅行に同行している恵先生も、ジェニーも私もベジタリアンなので、お肉は食べないので、この「EAT Happy JUNK」の料理を試してみましたが、お肉は一切使っていないのですが、お肉の臭みがどうも私の口に合いませんした。

でも、これもれっきとした「ヘルシーフード」。

最近は、こんなジャンクフード風の「ヘルシーフード」のお店が増えているようです。

昨日のセレブ向けの「カフェ・グラティチュード」のような、完全オーガニックの食材を使った高級レストランもあれば、「EAT Happy JUNK」のようなとにかく、肉を使わない廉価なヘルシーフードを提供するお店まで、幅広く食することができます。

もちろん、グラティチュードのような完全オーガニックのお店がたくさんできることが理想ですが、日本でこんなお店を、銀座や丸の内、表参道などに作ったら、とんでもない高級レストランになってしまい、限られた人しか利用できないでしょう。

アメリカはオーガニック普及率が、20%を超えているのに、日本はまだ1%未満!!

さらに、日本は「ヘルシーフード」への関心がまだまだ低い!そして、毒性が強く、欧米では製造禁止さえされているマーガリンが、未だに病院や学校給食にも出されている現状!

こうした日本の現状から、食材の原価が高いことと、オーガニック食材への関心度の低さから、どうしても日本でこうしたお店で利益を出すためには値段を高く設定する必要があります。

これでは、ますます日本のヘルシーフードの普及は、後退してしまいます。

2020年、世界中から、ベジタリアンやヴィーガンが、日本に大量に押し寄せて来ます。

あと3年弱、私たち日本人は、どこまで食(の意識)を世界標準まで引き上げることができるのでしょうか?

まずは、今現在、食に対して意識の高い、皆さんをはじめとするこのメルマガ読者の方々が、もっと食に対する意識を高め、まずは、ご家族や周りの方々の意識を変えていくことのお手伝い頂ければと思います。

そのためには、まず、あなた自身が本物の食に触れること。

ぜひ、10月のLAローフード視察&研修旅行にご参加頂ければと思います。

LAの最新情報や美しい写真などをFacebookにアップしていきますので、ぜひメンバー登録をしてチェックして下さいね。

【ATTiVA 特別企画!海外ローフード研修&視察ツアー】

それでは、また。

 

保存保存

関連記事

近日公開講座・イベント

7月
9
2018
10:30 AM 手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 9 @ 10:30 AM – 1:00 PM
手づくり発酵ジュース教室【桃とブルーベリー7/9・7/16】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー | 渋谷区 | 東京都 | 日本
桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース 今月は、今が旬のダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く!桃とブルーベリーの発酵ジュース1ヶ月分=約1リットルを一緒に仕込みます!!美を意識するセレブ・モデル・女優さんたちや、女性雑誌なども注目している発酵ジュースの作り方を学ぶことができます。 手づくり発酵ジュースは、そのまま水に薄めて飲んでもよし!ローフード料理の調味料として使ってもよし!甘みを砂糖から、発酵ジュースに変えることで、腸内環境を整え、健康的な体づくりに役立ちます。毎日の食事に取り入れるための基本を学ぶこともできます。 桃の特徴 桃の主成分は、ショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので、疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。桃のカリウム含有量は、果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できます。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 ブルーベリーの特徴 ブルーベリーの持つアントシアニンが、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーにも注目です。アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 血流改善は、人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。似たような抗酸化の物質として、ルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 開催概要 カリキュラム <理論編> 1時間 手づくり発酵ジュースとは? 常在菌のすごい働きついて 白砂糖を使っても大丈夫なの? 手づくり発酵ジュースの作り方 ご自宅での発酵~熟成~保存の仕方  <実践編> 1時間30分 手づくり発酵ジュースの仕込み 出来上がり約1リットル分の食材と砂糖込み 手づくり発酵ジュースについてあれこれ質問タイム 経験豊富なむっちゃん先生が酵素の秘密を伝授! 手づくり発酵ジュースに仕込む、美味しい果物の試食! むっちゃん先生の手づくり発酵ジュースや発酵フルーツの試飲・試食 飲むだけじゃない手づくり発酵ジュースの使い方 「桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース」受講証明書授与 開催日時 7/9(月)[...]
7月
16
2018
10:30 AM 手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり発酵ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 16 @ 10:30 AM – 1:00 PM
手づくり発酵ジュース教室【桃とブルーベリー7/9・7/16】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー | 渋谷区 | 東京都 | 日本
桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース 今月は、今が旬のダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く!桃とブルーベリーの発酵ジュース1ヶ月分=約1リットルを一緒に仕込みます!!美を意識するセレブ・モデル・女優さんたちや、女性雑誌なども注目している発酵ジュースの作り方を学ぶことができます。 手づくり発酵ジュースは、そのまま水に薄めて飲んでもよし!ローフード料理の調味料として使ってもよし!甘みを砂糖から、発酵ジュースに変えることで、腸内環境を整え、健康的な体づくりに役立ちます。毎日の食事に取り入れるための基本を学ぶこともできます。 桃の特徴 桃の主成分は、ショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので、疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。桃のカリウム含有量は、果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できます。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 ブルーベリーの特徴 ブルーベリーの持つアントシアニンが、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーにも注目です。アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 血流改善は、人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。似たような抗酸化の物質として、ルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 開催概要 カリキュラム <理論編> 1時間 手づくり発酵ジュースとは? 常在菌のすごい働きついて 白砂糖を使っても大丈夫なの? 手づくり発酵ジュースの作り方 ご自宅での発酵~熟成~保存の仕方  <実践編> 1時間30分 手づくり発酵ジュースの仕込み 出来上がり約1リットル分の食材と砂糖込み 手づくり発酵ジュースについてあれこれ質問タイム 経験豊富なむっちゃん先生が酵素の秘密を伝授! 手づくり発酵ジュースに仕込む、美味しい果物の試食! むっちゃん先生の手づくり発酵ジュースや発酵フルーツの試飲・試食 飲むだけじゃない手づくり発酵ジュースの使い方 「桃とブルーベリーの手づくり発酵ジュース」受講証明書授与 開催日時 7/9(月)[...]

最近の記事

ページ上部へ戻る
Translate »