ブログ

ファスティングを行う本当の意味

実は今、私はファスティング(断食)中なのですが、ファスティングを始めてから、今日で10日目になります。

ファスティングとは、断食なので固形物は一切摂らないのですが、ファスティング中でも、「排便」があるんです。

もし、お食事前か後だったからごめんなさい。

食べていないのに?です。

不思議に思いませんか?

普通に考えれば、食べたもののカスとして便が出るわけですが、何も食べていないのに、便が出るんです。

実は、便の成分というのは、食べ物のカスはたったの5%なんです!!

では、残りは何だと思いますか?

60%が水分

そして、残り35%は・・・

「腸壁細胞の残骸」「腸内細菌の死骸」なんです。

私たちの腸壁細胞は、10日で入れ替わり、腸内細菌は4~10日で全て入れ替わると言われています。

私たちの腸内には、100~300種類の細菌が、100~1000兆個棲んでます。

日本人の平均の便の量は、約200g。

そのうちの35%70gが、腸壁細胞と腸内細菌の死骸ということになります。

なので、ファスティング中で固形物を摂っていなくても、腸内細菌叢の働きが良いと、この“死骸”が便として出てくるのです。

この腸内の掃除が、ファスティングの正しい効果と言えます。

何も食事を摂らずに体重を減らすことではなく、腸内をきれいにして、腸内環境を整えることが本来のファスティングの目的となります。

ただ単に“断食”するだけでは、腸内の掃除ができるわけではありません。

腸内細胞が活発に働くことで、入れ替わりなどの代謝も上がり、腸内環境が整って行くのです。

腸内細菌を活発に働くようにするためには、腸内細菌が好きな餌を与える必要があります。

その餌となるのが、

  • 食物繊維
  • 発酵食品に含まれる菌(死菌)

になります。

アティーバ式のファスティングでは、植物性乳酸菌発酵飲料(酵素ジュース)をしっかり摂りながら行います。

酵素ジュースは、野菜や果物・海草などを発酵させたものなので、この中には、水溶性の食物繊維がたっぷり含まれています。

この腸内細菌の餌と水を与えながらファスティングを行いますので、腸内細菌が活発になり、循環が活性化して、便が出るようになります。

普段、便通が悪い、便秘がちということであれば、腸内環境が整っていない可能性があります。

一度、1〜3日間のファスティングからお試し頂くのも良いと思います。

腸内細菌が活発に活動できるように、あなたの毎日の食生活を見直してみて下さい。

まずは、「食物繊維」をたっぷりと摂ること。

さらに、腸内細菌の餌になるよう、効率的に栄養として取り込めるような食事をすることが大切です。

ただ単にサラダを食べればいいというわけではありません。

ぜひ、毎日の食事の中に、

  • 食物繊維
  • 発酵食品

を積極的に摂り入れてみてくださいね。

この「食物繊維」と「発酵食品」を効率的に摂取する食事法が、アティーバで推奨している『リビングフード』になります。

発酵食品に加え、酵素の働きを失活させないローフードを摂ることで、活きた菌が腸内まで届き、腸内細胞の餌となります。

リビングフードを実践されているアティーバの受講生や卒業生は、みるみる体調改善がみられ、「翌朝から、快便になった!」と嬉しいご報告を頂くこともしばしば。

次は、あなたの番です!!

腸内環境を整えたい。食生活を見直したいということであれば、ぜひ、リビングフードを実践してみて下さい。

もしまだリビングフードを摂ったことがないということであれば、体験試食会を開催していますので、ぜひお出かけ下さい。

次回の体験試食会では、1月に大好評だった、『ロー寿司』をお召し上がり頂けます。

春間近ということで、今回は、可愛い「手まり寿司」もご用意する予定です。

実際に簡単に作ることもできますので、体験会後、ご自宅やお友達とのパーティーなどで披露してみるのも良いかもしれません。

次回の体験試食会は、3月29日4月3日の開催となりますので、ご都合の良い日の、良いお時間(ランチ or ディナー)にご参加下さい。

体験試食会は、定員になり次第、締め切りとなりますので、お早めにご予約下さい。

 

体験試食会のご予約は今すぐこちらをクリック

 

「近日開講スケジュール」からご希望の日時の会の「チケット」をクリックしてお申し込み下さい。

会場でお会いできることお待ちしております。

関連記事

近日公開講座・イベント

7月
26
2017
10:30 AM 手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 26 @ 10:30 AM – 1:00 PM
手づくり酵素ジュース教室【桃とブルーベリー・7/26午前】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
 ★手ぶらの参加もOK! 大好評(^^)!一緒に作ろう!桃とブルーベリーの手づくり酵素ジュース教室 【桃とブルーベリーの酵素ジュース】 ダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く! 美を意識するセレブ・モデル・女優・女性雑誌が注目!!の酵素ジュースが出来上がります。   【桃の特徴】 桃の主成分はショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。 桃のカリウム含有量は果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。 便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できますね。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 【ブルーベリーの特徴】 アントシアニンが持つ力で、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。 このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーも注目すべきものです。 アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。 抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。 毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。 毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。 ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 さきほど、血流改善にブルーベリーが持つアントシアニンが効くと紹介しましたが、血流改善は人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。 また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。 似たような抗酸化の物質としてルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 リピーターの方 リピーターの方は、1,000円offで参加できます。 酵素ジュース作りベテランの方(4回以上) さらに、4回目以上参加の方は、1,500円OFFで参加頂けます。 ぜひ、初めての方にその腕前を発揮してくださいね♪ 毎月こだわりの素材で作る美味しい酵素ジュース作りをお楽しみください。 ワークショップ内容[...]
7:00 PM 手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 26 @ 7:00 PM – 9:30 PM
手づくり酵素ジュース教室【桃とブルーベリー・7/26夜】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
 ★手ぶらの参加もOK! 大好評(^^)!一緒に作ろう!桃とブルーベリーの手づくり酵素ジュース教室 【桃とブルーベリーの酵素ジュース】 ダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く! 美を意識するセレブ・モデル・女優・女性雑誌が注目!!の酵素ジュースが出来上がります。   【桃の特徴】 桃の主成分はショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。 桃のカリウム含有量は果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。 便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できますね。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 【ブルーベリーの特徴】 アントシアニンが持つ力で、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。 このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーも注目すべきものです。 アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。 抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。 毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。 毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。 ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 さきほど、血流改善にブルーベリーが持つアントシアニンが効くと紹介しましたが、血流改善は人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。 また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。 似たような抗酸化の物質としてルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 リピーターの方 リピーターの方は、1,000円offで参加できます。 酵素ジュース作りベテランの方(4回以上) さらに、4回目以上参加の方は、1,500円OFFで参加頂けます。 ぜひ、初めての方にその腕前を発揮してくださいね♪ 毎月こだわりの素材で作る美味しい酵素ジュース作りをお楽しみください。 ワークショップ内容[...]

最近の記事

ページ上部へ戻る