ブログ

グリーンサラダをランチまでシャキシャキに保つ方法

私は、昨日今日と、1日研修に参加しています。

プロフェッショナル・ファスティングマイスターになるための研修です。

アロマテラピーの資格取得の時に、医学部の先生より解剖生理学などを学ばせていただいたのですが、学んだ約10年前と比べると、ものすごく奥深さを感じます。

今日も、しっかりと頭と心に刻み込めるように頑張りたいと思います。

さて、研修や仕事など出かけ先で食事をする時に困ること、それは・・・

アティーバ・リビングフードでお勧めしている新鮮な「サラダ」をあまり食べられないことです。

食物酵素がたっぷり入っている生野菜は、事前消化の働きが高いためので、食べた後も栄養の消化吸収がとても良いのです。

だから、「まずはサラダから食べる!」というフレーズは最近では珍しくなくなってきましたよね。

ところが、研修などで出されるお弁当には「生野菜」がほとんど入っていないのです。

また、生野菜が入っていたとしても、キュウリやトマトなど実ものが多く、グリーンの葉野菜はかなり少ないのです。

ここで多くの方が、リビングフードの摂取を途中で諦めてしまうのです。

野菜には、葉野菜、根菜、実ものとありますが、私たちの健康に欠かせない「葉緑素(クロロフィル)」は、グリーンの葉っぱにしか含まれていません。

だから、グリーン葉っぱ入りのサラダを毎食いただくことで、健康をぐぐっとサポートすることができるのです。

では、どうしたら、いつも新鮮なグリーンサラダを食べることができるのか?

今回、お弁当にはグリーンサラダが入っていませんでしたので、事前に、グリーンサラダを用意して持っていくことにしました。

でも、葉野菜って、持ち歩くとすぐへなってなってしまいますよね。

ところが!

「発酵のパワー」を上手に使うと、へなへなの野菜がシャキシャキのまま維持することができるのです!!

==========================
グリーンサラダをシャッキっと持ち歩く方法
==========================

  1. ボールにお水を張って、そこに「手作り酵素ジュース」を小さじ1杯程度入れる。
  2. 葉野菜をその水で洗う。(30秒程度)
  3. 水洗いをしたあとに、よく水気を切る。
  4. キッチンペーパーに、小さじ1/4程度の「手作り酵素ジュース」をつける。
  5. 4のキッチンペーパーをジップロックの底に入れる。
  6. 葉野菜を食べやすい大きさに手でちぎって、ジップロックに入れる。
  7. カバンにいれて持ち歩いて、出先で食べる。

ドレッシングは、小さな別容器に入れて、食べる時にかけます。

または、塩と海苔を別容器に入れて、食べる時にかけていただくのも簡単で美味しいですよ。

さぁ、いかがでしょうか?

お弁当のご飯に「梅干し」を入れておくのもご存知の通り腐敗防止なんです。

“本物”の発酵食品には、「腐敗防止」「酸化防止」の働きを備えています。

ぜひ、発酵パワーを日常の様々なシーンで活用してみてくださいね。

このサラダをシャキシャキに保つ、素晴らしい効果を持っている酵素ジュースですが、アティーバでは、毎月「手づくり酵素ジュース教室」を定期開催しています。

次回は、2月15日・26日開催の「タンカン」の酵素ジュースを作ります。

ぜひ、手づくり酵素ジュースのパワーを味わいに、お出かけ下さい。

手づくり酵素ジュース教室の詳細&お申し込みはこちら

ATTiVAさん、今回も最後までお読み頂きありがとうございます。

また、次回もお楽しみに。

関連記事

近日公開講座・イベント

7月
26
2017
10:30 AM 手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 26 @ 10:30 AM – 1:00 PM
手づくり酵素ジュース教室【桃とブルーベリー・7/26午前】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
 ★手ぶらの参加もOK! 大好評(^^)!一緒に作ろう!桃とブルーベリーの手づくり酵素ジュース教室 【桃とブルーベリーの酵素ジュース】 ダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く! 美を意識するセレブ・モデル・女優・女性雑誌が注目!!の酵素ジュースが出来上がります。   【桃の特徴】 桃の主成分はショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。 桃のカリウム含有量は果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。 便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できますね。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 【ブルーベリーの特徴】 アントシアニンが持つ力で、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。 このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーも注目すべきものです。 アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。 抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。 毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。 毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。 ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 さきほど、血流改善にブルーベリーが持つアントシアニンが効くと紹介しましたが、血流改善は人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。 また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。 似たような抗酸化の物質としてルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 リピーターの方 リピーターの方は、1,000円offで参加できます。 酵素ジュース作りベテランの方(4回以上) さらに、4回目以上参加の方は、1,500円OFFで参加頂けます。 ぜひ、初めての方にその腕前を発揮してくださいね♪ 毎月こだわりの素材で作る美味しい酵素ジュース作りをお楽しみください。 ワークショップ内容[...]
7:00 PM 手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
手づくり酵素ジュース教室【桃とブ... @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
7月 26 @ 7:00 PM – 9:30 PM
手づくり酵素ジュース教室【桃とブルーベリー・7/26夜】 @ ATTiVAリビングフード・アカデミー
 ★手ぶらの参加もOK! 大好評(^^)!一緒に作ろう!桃とブルーベリーの手づくり酵素ジュース教室 【桃とブルーベリーの酵素ジュース】 ダイエット・アンチエージング・美肌・デトックスに効く! 美を意識するセレブ・モデル・女優・女性雑誌が注目!!の酵素ジュースが出来上がります。   【桃の特徴】 桃の主成分はショ糖などの糖質で、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も多く含まれていますので疲労回復に効果があると言われています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、カルシウムなども含みます。 桃のカリウム含有量は果物の中では多く、スイカの1.5倍と言われています。 桃のジューシーさで分かるように水分が豊富で、水溶性食物繊維と整腸作用のあるペクチンも豊富に含まれていますから老廃物を体外へ排出する手助けをしてくれます。 桃の香り成分である「クマリン」という成分には抗酸化作用、抗菌や抗血液凝固作用があり、静脈やリンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を良くする働きがあります。 便秘の解消・むくみの解消に効果が期待できますね。 水溶性ビタミンの一種であるナイアシン(ビタミンB3)には皮膚や粘膜を健やかに保つ働きがあり、桃の薬効成分と言われるクリサンテミンには肌や内蔵の強力な予防効果があるとされています。桃に含まれるビタミン類やカテキンと相乗して、美肌効果やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果などが期待され、注目されています。 【ブルーベリーの特徴】 アントシアニンが持つ力で、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。これはアントシアニンが目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる色素の分解・再合成を助ける働きがあります。 このロドプシンが正常に働くことで緊張してしまっている目のピント調節機能を改善したり、視界をクリアにしてくれたりするのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンには、その強い抗酸化パワーも注目すべきものです。 アントシアニンの抗酸化パワーは、体の老化を招く活性酸素を除去する効果効能を持っています。 抗酸化パワーは、血流をよくする作用があり、体中に血を巡らせてくれるのです。 毛細血管を強くしなやかにしてくれるのです。 毛細血管がもろくなってしまうと、脳梗塞脳卒中、動脈硬化といった恐ろしい病気や怪我が治りにくくなったり、冷え性になったりします。 血液改善は、つまり、体の老化や病気になることを防ぎ健康に過ごすことに大きく影響するのです。 ブルーベリーが持つアントシアニンの抗酸化パワーは大いに活用したいものです。 アメリカでは、ブルーベリーを使った「若返り=アンチエインジング」の実験、研究もされています。 ブルーベリーがもつアントシアニンの抗酸化パワーがアンチエインジングにも効くと考えられているためです。 さきほど、血流改善にブルーベリーが持つアントシアニンが効くと紹介しましたが、血流改善は人の体の健康に大きな意味を持ちます。血流が改善されると病気予防だけでなく肌色や肌のツヤがよくなったり、肌のコラーゲン合成を促進したり、紫外線から肌を守ってくれたりと美容面でも効果があります。 また、ボケ防止といった脳の老化も防いでくれます。 似たような抗酸化の物質としてルテインというものもありますが、こちらはさらに強力な抗酸化作用があるそうです。 リピーターの方 リピーターの方は、1,000円offで参加できます。 酵素ジュース作りベテランの方(4回以上) さらに、4回目以上参加の方は、1,500円OFFで参加頂けます。 ぜひ、初めての方にその腕前を発揮してくださいね♪ 毎月こだわりの素材で作る美味しい酵素ジュース作りをお楽しみください。 ワークショップ内容[...]

最近の記事

ページ上部へ戻る